障害年金について障害年金受給案件対象となる傷病名障害等級認定基準

障害年金の受給要件

障害年金をもらうためには下記の3つの要件を満たす必要があります。
  • 障害年金をもらうための要件 その1・・・初診日要件
  • 障害年金をもらうための要件 その2・・・保険料納付要件
  • 障害年金をもらうための要件 その3・・・障害認定日要件
それぞれを詳しくみていきましょう

初診日要件

メモ

障害年金の原因となった傷病の初診日が、国民年金または厚生年金の被保険者期間中であることが必要です。

例外)
20歳前の傷病が原因となった障害については、どの年金制度にも加入していなかったとしても、福祉的に国民年金から障害基礎年金が支給されます。

 

保険料納付要件

メモ

障害年金の原因となった傷病の初診日が、国民年金または厚生年金の被保険者期間中であることが必要です。
初診日における保険料納付要件が下記のAまたはBを満たさなければなりません。

A:保険料納付要件の原則として被保険者期間の3分の2以上を納付または免除されていること。

B:Aの期間を満たさない場合は、直近1年間に滞納がないこと。

 

障害認定日要件

メモ

初診日から起算して原則1年6カ月を経過した日またはそれ以前に治った場合はその治った日(=障害認定日)に障害等級(1級から3級)にあること。

更新日:

Copyright© 土井社会保険労務士事務所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.