TOPICS

休眠預金30億円強を活用へ

 10年以上出し入れがない「休眠預金」を子どもの貧困対策や障害者支援など民間の公益活動に充てる新制度で、初年度となる2019年度の助成額が30億円強となることが13日、分かった。草の根活動支援などの5つのプログラムに沿ってNPOなどに配分する。3月末までに首相の認可を受けた後、4月から新制度が本格的にスタートする。

(共同通信社 平成31年3月13日(水) )

-TOPICS

© 2021 土井社会保険労務士事務所 Powered by AFFINGER5